ワーキングホリデーの実態

「ワーキングホリデー」とは若者限定の特別なビザで、留学先で休暇を取りながら就労経験も身につくという大変人気のあるシステムです。それでは実態はどうなのでしょうか?
オーストラリアでワーキングホリデーを経験したことのある人が、イギリスに行ったら入国すらできなかったという話を聞いたことがあります。

 

 

オーストラリアもイギリスもワーキングホリデーを受け入れている国なのですが、実態は入国者が「他の国で通用した手段をそのまま全く違う国に持ち込んだ」からいけないのです。一旦ビザが下りた人間がそのまま模範で居続けるとは限らないという危惧もあります。

 

たとえばオーストラリアで、一回目に許可が下りた人間に与えられるお仕事は農業です。二回目からは畜産や採掘なども選べますが、これはそういう職業を求めてワーキングホリデーでやってくる人間に、オーストラリアという国が助けられているからこそ成り立つのです。これを勘違いして「イギリスは音楽や芸術産業が盛んだからワーキングホリデー制度を利用すれば、イギリスに行ってミュージシャンになれる」と思い込んでしまっている人が多いのが実態です。とんだお門違いです。

 

あらかじめ「農業」と「芸術」の根本的な違いを理解すればこういう勘違いもなくなるのですが。外国人がイギリスに長期滞在して就労したければ、長期滞在中に衣食住にかかるお金と滞在する予定の場所を、入国する時点であらかじめ証明することが必要です。「今は着の身着のままだけど、将来絶対ビッグになります。ビッグになるまでは免税店でアルバイトでもします」では入国すら受け入れてもらえないでしょう。

就職とワーキングホリデー

 海外に出向くとなるとそれなりに資金が必要で、日本の場合には特に航空機での移動が中心になるので、割高になります。これは島国である特質からどうしようもないことです。しかし欧米では、身体ひとつで外国に行ってしまい、旅を楽しみ、資金は現地で働くなどして調達している若者が多くいます。

 

 ワーキングホリデーという少し柔らかい表現ながら、厳密な定義としては、相手国の中で休暇を楽しみながら滞在費用をまかなうために就労するための査証と出入国管理の制度、ということになります。

 

 日本の若者も、高校生、できれば大学生のうちにワーキングホリデーを経験したいところです。社会に出てしまうとどうしても組織の中での思考というものに陥って、柔軟な考え方ができなくなります。年を経るにつれてその傾向は強まります。少年少女の心で何かに感動する、という柔軟な感性を失い、訳知り顔をするようになるのです。

 

 異文化の中に一人きりで入っていって、そこで何を感じるか。スポンジのような吸収力のある感性ならば、もうひとつの世界、更に多様な世界を理解するでしょう。今日ナショナリズムを煽るような言説が多々ありますが、市民一人一人が多様な世界を理解していれば、民間交流という方法で共生を探るようになれるでしょう。

 

 ワーキングホリデーの経験があれば、就職活動の時に上手なプレゼンテーションができれば、留学経験と同じくらいの評価をしてもらえる可能性があります。就職活動の現場では、対応する側の企業人が、もはやワーキングホリデーなどをゆとりを持って楽しむことができなくなっている我が身を嘆きながら、俄然あなたの経験とあなた自身に興味を示してくれる筈です。

 

子ども専用オンライン英会話、スカイプ英会話、ネット英会話はキッズスター★イングリッシュ!無料体験レッスンも実施中!


このページの先頭へ戻る