ワーキングホリデーを語学を身に付ける。

ワーキングホリデー制度を利用して海外に行こうと思っている方は多いでしょう。
長期滞在で身につけられるものは、まずは現地の言葉。
外国語の習得を目的にワーキングホリデーを利用する方が最近増えてきています。

 

現地で滞在して費用をまかないながら語学も身につけることが出来ればこんなにいいことはありません。
もちろん観光旅行ではないので、すべての人がワーキングホリデーを利用して海外に行けるわけではありません。
そして、ワーキングホリデーで失敗している人もたくさんいます。

 

ワーキングホリデーで失敗している人の特徴の一つが、現地の語学学校に通わないということ。
ワーキングホリデーを成功させている人は、語学学校を生活の基本にしている方が多い。
最初から語学堪能な人以外は語学学校で勉強をしないと、現地の人とのコミュニケーションに不足することがあります。
外国語が出来ないと現地の友人も出来ないでしょう。

 

仕事をしていても業務をこなすだけで、仲間とのコミュニケーションもとらない。
滞在先に戻っても外出せず、行くことがあるのは日本人コミュニティだけ。
こんな状態では何のためにワーキングホリデーをして外国に来たのか分かりません。
せっかくの機会が無駄になってしまいます。

 

生活の一部に語学学習の時間を組み込んでしまうのが良いと思います。
そうなると、語学学校が一日の生活サイクルの軸となって、現地の生活もうまく回っていくことになるでしょう。
それによって、現地の仲間と楽しく会話が出来るようになったとき、ワーキングホリデーを利用して良かったなと感じると思います。


このページの先頭へ戻る