ワーキングホリデーは現地で何をするかがポイント。

帰国後の生活でワーキングホリデー経験を活かすためには、現地で何をしてきたかがポイントになります。
というのも、日本人の一般的感覚として、ワーキングホリデー帰国者には厳しい目でみる人も少なくないからです。

 

確かに、ワーキングホリデーを利用して1年間海外で遊んできただけの人はたくさんいます。
せっかく貴重な経験をしてきたのに、「どうせ1年間、海外で遊んできたんでしょ」と評価されるのは悔しいですよね。

 

そう言われてしまったときでも、ワーキングホリデーで身につけた経験をしっかりと他人に言えるほどになっていれば何も問題はありません。
海外留学やインターンシップなどと違って、ワーキングホリデーで何をしたかを具体的に説明するときに核となる経験があると良いでしょう。

 

仕事と語学学習の合間に現地のボランティアに参加しコミュニティに貢献してきたとすると、単に語学留学をしただけと違った経験をしてきたことが瞬時に分かります。
レストランでアルバイトをしました、ということでも、外国人のコミュニティに入り業務の改善に日本人の持つ勤勉さや真面目さが役になったとか、身につけられることはたくさんあります。

 

この視点をもっていないと、ただワーキングホリデーに行ってきただけになってしまいます。
若い時代の貴重な一年間を費やして得た経験を分かりやすい形で説明ができるようなものをつかみとってきて欲しいと思います。
ワーキングホリデーにも、目的意識を持って一年間取り組むといったことが必要でしょう。


このページの先頭へ戻る