ワーキングホリデー出発前の手続きとは

ワーキングホリデーは、出発前の手続きがいろいろありますが、もし1年以上海外へ行く人は海外転出届を市役所へ提出することが可能です。ちょっと面倒そうですが、メリットもあります。

 

 

 

まずは、国民年金や国民健康保険に関して。年金は、海外転出届の提出で、支払い義務が任意加入に変わり、支払いの有無を決めることが可能になります。支払わなかった期間分は、年金受給時に減額になりますが、海外滞在中は、なるべくお金を節約したいという人には一考の余地があるかもしれません。

 

 

 

一方、国民健康保険は、免除されます。仮に、海外転出届を出さなかった場合は、日本にいない間も健康保険料を払い続けなければいけませんが、その場合、仮に海外で治療を受けた時に海外療養費として支払いを受け取れる制度もあります。当然、海外旅行保険などに加入するでしょうので、どちらが自分にとってメリットが高いかなどで判断しましょう。どちらも手続き先は、居住している区市町村の役所になりますので詳しいこともそこの窓口で相談するとよいでしょう。

 

 

 

届けではありませんが、税関係もきっちり処理してでかけましょう。
住民税は前年度分に対しての課税ですから、前年に収入を得ていれば必ず発生します。出発したのちに納税通知書が届くという場合もありますので、あらかじめ窓口で相談しておくとよいでしょう。

 

 

 

所得税に関しては、1年分に満たない日数で退職した場合は、申告すれば税金が還付されます。その際は、会社発行の源泉徴収票が必要です。手続きはワーキングホリデーから帰ったあとでも間に合いますので、源泉徴収票の保管だけは気をつけておきましょう。お役所関係の手続きはここまでやれば万全です。

 

 


このページの先頭へ戻る