ワーキングホリデー豆知識:安く国際電話をかける方法

ワーキングホリデーなどで海外に滞在中は、日本の家族や友達などへ国際電話をかけることもなにかと多くなるはずで、それがけっこう滞在費を圧迫することにもなりかねません。国際電話のコストは、なるべく安くすませたいものです。

 

 

 

さて、国外から日本へ安く電話ができる方法は、スカイプなどの自前のIP電話を使うというのがもっとも気安く、設定さえしておけば、多くの国で活用できて便利です。

 

 

 

それ以外だと、滞在をする国によって条件が変わってきますが、インターネットカフェのIP電話サービスを利用する方法というのが一般的で、インターネットカフェがある街なら、けっこうどこでもこのサービスは利用可能なようです。

 

 

 

このサービスは、インターネットカフェに入ると、お店の一角に電話ボックスのようなものが並んでいて、空いたところで自由に電話をかけ、終わってからレジで料金を払うケースが多いようですが、これも、お国柄によってサービスの形態や料金相場が違ってくるようですので、あらかじめ調べておくとよいでしょう。

 

 

 

国によっては、家の固定電話から格安通話サービスを利用できる場合もあります。使い方は、その格安サービスの番号を、国番号(日本にかける場合は0081)の前につけてプッシュするだけ。自分が滞在する予定の国にそんなサービスがあるかどうかはガイドブックなどで調べることができます。また、料金に関しては、インターネットで検索すると、関連サイトや料金表がでてくる思います。
円高とはいえ、予算が限られているワーキングホリデーです。こうしたサービスは事前に調べて賢く利用したいものです。

 

 


このページの先頭へ戻る