ワーキングホリデー豆知識:アルバイトの探し方

18歳〜25歳または30歳の青年が異なった外国の文化の中で休暇を楽しみながら
、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることのできる制度です。
一般的な旅行では現地で就労することはできません。

 

 

 

現在日本からワーキングホリデーに行ける代表的な国はオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリスなどです。
原則としては1カ国に1度しか行けない制度ですが、オーストラリアには2回行けるそうです。

 

 

 

ワーキングホリデーに行く前に十分な資金を貯めてから行くべきではありますが、
補助的にアルバイトをすることで生活の助けになることは間違いありません。
また現地で実際に働くことができるのは非常に有意義で勉強になることでしょう。

 

 

 

しかし現地に行って仕事を探すことに不安を覚える方もいるでしょう。
色々な職場があるので準備をしていけば不安がることはありません。

 

 

 

最も一般的な職場は飲食店のホールスタッフです。
その中でも日本食の飲食店であれば、外国語ではなく日本語が使われていることが多いので、
非常に働きやすい環境と言えます。
日本食以外でも飲食店であれば、仕事の内容が難しいものではないので入っていきやすいです。
他にも売店スタッフや農作物のピッキング、意識の高い方は日本人観光客への観光案内などもあります。

 

 

 

一番重要なのは日本にいる間に、アルバイト情報を収集しておくことです。
できれば日本から連絡し採用されていた方が良いです。
また現地でも現地向け、日系人向けの新聞などに求人情報が掲載されているのでチェックすると良いかもしれません。
日本人向けの媒体から情報を得れば、日本語で働ける場合も多いのでオススメです。


このページの先頭へ戻る