帰国後についても考える

少し前まではワーキングホリデーというと若い10代20代前半の若者が参加するプログラムという認識でしたが、最近は20代後半30歳でも参加する人も増えています。ワーキングホリデーとは日本と協定を結んでいる国と1年から2年間の間に文化を学び休暇を楽しみながら、滞在費用を補う為に就労を行っても良いと認められた特別なビザです。

 

 

 

長期で滞在することからほとんどの場合は日本での仕事を辞めて海外に行くことになります。このため、帰国後の就職先を心配する声もたくさんあります。実りあるワーキングホリデーにするためには渡航前の準備が重要です。

 

 

 

アルバイトも現地では貴重な経験になりますが、渡航先に行ってから何とかなると考えて行くと良い条件の仕事に就けなかったり、ネイティブと同じ職場と思っていたら実際は日本人ばかりの職場で語学の勉強にならなかったということもあります。日本にいる間にネイティブがいる職場を探しておいたり、企業のインターンシップに参加するプログラムを探しておくなどすることで帰国後の就職を有利にすることが出来ます。

 

 

 

 

 

帰国後の就職活動ではワーキングホリデーで自分がどんな経験をしてきたのか、きちんと説明できる様にしておく必要があります。またTOEICなどを定期的に受けて数字の面でも成果をアピール出来る様にしておくことが大切です。他にも海外にいる間に資格に挑戦し取得しておくことで、語学を活かした仕事に就けるチャンスにつながります。

 

 


このページの先頭へ戻る