ワーキングホリデーに必要な準備:海外旅行保険への加入

ワーキングホリデーであろうと、海外旅行であろうと、海外に行くからにはそれなりのリスクというのがあります。
しかし、それらのリスクを恐れていて、行動が小さくなってしまっては、せっかく海外に出た意味がありません。
海外だからこそできるチャレンジというのもあるのです。

 

 

 

とはいえ、万が一何かあった時は不安ですよね。
そんな時、転ばぬ先の杖となってくれるのが、海外旅行保険です。
海外旅行の際、空港で加入している人も多くいます。
また、最近ではクレジットカードに付帯しているものもあります。
海外旅行や短期留学であれば、この通常の海外旅行で十分です。

 

 

 

しかし、ワーキングホリデーの場合はそうは行きません。
空港で加入できる海外旅行保険や、クレジットカードに付帯している海外旅行保険の場合、最長でも3ヶ月というのがほとんどです。
一方、ワーキングホリデーというのは、最長では1年間です。
どう見ても期間が足りません。

 

 

 

そこで、ワーキングホリデーや長期留学の際には、海外旅行保険ではなく、留学保険というのがあります。
内容はほぼ海外旅行保険と一緒ですが、期間が異なります。
最短でも3ヶ月からです。
最長期間は、保険会社によって異なりますが、2年や3年というのが多いです。
また、海外で生活をすることから、補償の内容も微妙に異なってきます。
留学保険の場合には、対人賠償や対物賠償など、こちらが何か危害や被害を加えた場合の補償というのが充実しているのです。

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る