ワーキングホリデーに必要な準備:お金の持って行き方

ワーキングホリデーでの滞在の場合、通常はとても長い期間、滞在することになりますので、全てのお金を持参することはありません。また、滞在国や滞在都市によって、換金レートの良さや換金の便利さが異なるのでどれが一番良いかはワーキングホリデーにいく国によって異なります。しかし、いずれの場合でも一極集中のお金の管理は盗難などの問題もあり避けるべきです。

 

 

 

特に現金で多額の資金を持ち込むことは、危険性が高くオススメしません。トラベラーズチェックなども併用するべきです。そして、現金である程度持ち込むとしても、どこの通貨で持ち込んだらいいのかも国によって異なります。国によっては、円はレートが悪かったり、使えないこともあるので注意が必要です。その場合は、ドル建てでお金を持ち込んだ方がいいことが多いです。

 

 

 

大きなお金は、現地に銀行口座を持ってから送金してもらうのが一般的です。リスクが少なく、現地での引き出しの利便性が最も高い場合が多いからです。

 

 

 

また、国際キャッシュカードやクレジットカードも持参した方がいいです。少額のお金を引き出す場合には国際キャッシュカードは手数料がかからずお得になる場合が多いからです。

 

 

 

為替レートは悪いことが多いので大きな額の送金には向きませんが、銀行口座を持つまでは一番使える換金方法であることも多いです。クレジットカードはさらに使えて、レートも良くポイントも貯まるので最もオススメの支払方法です。ただし、国によってはクレジットカードの不正使用が多いのでその場合は使わない方がいいでしょう。

 

 


このページの先頭へ戻る