ワーキングホリデーに必要な準備:入国の為に必要な事

一生に一度だけ利用できる権利、それがワーキングホリデーです。
現在、この制度を利用できるのは、カナダやオーストラリア、フランスなどです。
ワーキングホリデーの場合、通常の海外旅行とは異なりますので、そのあたりの心構えもしっかりしておかなければなりません。

 

 

 

まず海外と接点を持つ場所といえば、入国の際の審査です。
われわれが直接それを実感するのが、入国審査官とのやり取りです。
ただし、日本のパスポートというのは、幸いにもとても信頼性が高いです。
日本のパスポートを提示すれば、それを確認してろくに質問もしない、という場合もあります。
これですと、われわれとしてはラッキーなのですが。

 

 

 

ただし、イギリスの入国の際には、もれなく質問をされます。
滞在期間はもちろん、滞在の目的なども聞かれます。
また、長期滞在の場合には、所持金や帰りの航空券についても聞かれます。
所持金が少ないと怪しまれますので、金融機関の残高証明書を準備しておくといいでしょう。
航空券に関しても、片道航空券ですと怪しまれます。
できることならば、往復航空券を所持して、帰りの便は自由に日付が設定できるタイプのものを持っておくと、安心です。

 

 

 

意外と気をつけたいのが、持ち込む荷物です。
ワーキングホリデーとなると、多くの荷物を日本から持ち込む人も多いです。
その中でも特に気をつけたいのが植物や動物製品、そして薬に食品です。
量の規制がありますし、そもそも持ち込めないものもあります。

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る